うちのにっきちょう

何処へ行く?


<<<<<<<<<<<< うちのにっきちょう >>>>>>>>>>>>
ようこそわーい(嬉しい顔)
・・・
あなたにとって、なにか閃く処があれば幸いです

000000000
2019年07月12日

実感 FYYの話し51★

或いは、多重的とも取れる現れ方は、
物理現象の解明結果を多くの人がネット等で共有出来る今日に措いて、
随分と解り易くなって来た。

少なくとも其の現(あらわ)れは、絶対無二唯一だと、
主張する集団が宗教と云う形で複数存在し、

互いに認め合ったり争ったりする中にも共通項として
それは、潜んで居るかも知れない。
法則として。

三面鏡に映る形が際限無く展開する光の性質。
殆ど遜色なく複製される生命の増殖。

成分として満遍なく在るのでは無く、
凝縮したり偏在して形作られる有様。

存在の内なる法則について、粒子を突き止めたら、
其れは波(振動)として成り立っているものでもあると云う。

旋回する地球が属する太陽も銀河の中心を回っているし、
だから微妙乍らも相対的に貴方と私の過す時間が異なるとも云う。

粒子であって波動である、何とも捉え処ろの無いものは、
貴方と私各々の時間の中に現われた存在。

不確定性原理と相対性理論は、独りで没頭していると確認し辛いが、

「こちらから摘むと粒だ」
「本当に?こちらから触ると震えている」
「それじゃあ交代」
「本当だ」「本当だね」と、

信頼出来る誰かとお互いの時計を合わせて眺めれば、
光のスイッチを探すよりも早く、そんなものかと、
思い当たるのが、実感と云うものだが。

『本当かよ、えらく簡単に流したなあ』。



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

子供の視力アップ!
http://www.infotop.jp/click.php?aid=144221&iid=30689

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

posted at 00:00
カテゴリー:FYY51〜60
エントリー:実感 FYYの話し51★
2019年07月15日

北大西洋 FYYの話し52

これらは実際のところ、
明日の天気が洗濯物を干すのに適しているのか予報を訝(いぶか)ったり、
何時も決まった時刻に座る電車の座席に、
最近決まって乗り越して来る、
派手な服装の男が居なければ良いがと、倦(あぐ)ねたりして暮らす農民には、
唐突な絵空事の様にしか思えなくて。

『それ、何処の町の話し?』。 えっ。

だから、環境にやさしい農民の町。

『すまん、聞くんじゃ無かった』。

重要な点は友人であれ恋人であれ夫婦、親子、兄弟姉妹、師弟であれ、
究極は同時に二人で確認すると云う事だ。

ハイゼンベルグとアインシュタインは
青い林檎を皮と実に分けて慎重に分析したんだ。

実も皮も提灯鮟鱇(ちょうちんあんこう)も。
否、象虫、基(もとい)。山脈三暮台も、実は林檎だ。

『そ、そうだ、全ては一つ』。

微妙な剥(む)き加減で、皮の方により多くの実が付いていたり、
実の方に青い皮が所々に残るものだ。
分析には一層の注意が必要だ。

『それって何か、「北大西洋サルガッソーの上空辺り」の説なのか』。

何を言ってるんだ、あんたの正体を明らかにする為の林檎の考察だ。

『それは、どうも・・』。


posted at 00:00
カテゴリー:FYY51〜60
エントリー:北大西洋 FYYの話し52
2019年07月18日

松の内 FYYの話し53

普遍性の重箱には、
人間の感覚や思考能力では理解出来ない一隅が在るものだろうかと、つっ突いて、
理解出来ない存在を発見したとすれば、
既に其れは理解出来ないものとして存在している訳だ。

してみると、正体不明の”私と云う意識”も存在して居る訳だ。

否、生命は、存在では無く法則。
法則によって集積された物質の活動。

法則は存在とは違い、現象。
命が在るのでは無く、命の活動がある。

法則として某かの中の現象として。


正月(一月)は「まえがき」でも書こうと想って季節外れの林檎を眺めて居た。

すると段々頭に血が昇り、大気圏を電離層まで上昇した感覚に陥り、
跳ね返されそうになって、

取り敢えずバンアレン帯に挨拶をした処、支離滅裂となったので、
想えばついつい、こんな話になった。

ファンヒーターの温度標示はとても、まともとは思えない。

「まえがき」のつもりが何時しか、その侭此処に居座らせて、
昨今の地球温暖化よろしく ”小寒の氷大寒に解く” の有様。

どうやら感冒。

いずれにせよ、何かを求めて行く方向はあるのだ、葛根湯。

そうなのだ、思えばこれ迄、二月の初午(はつうま)に出かけたのは初めてだ。
例年は松の内に詣でている社は、片道4時間程かかる。
彦根から湖岸道路を行くのだ。




posted at 13:44
カテゴリー:FYY51〜60
エントリー:松の内 FYYの話し53

” うちのにっきちょう ”へご訪問下さりありがとうございますわーい(嬉しい顔)
本文でも触れてます様に体調不良ですが何とか
ガンバッテますぅ。よろしくっ 喫茶店 うち

0000000
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『週刊ダイヤモンド』最新号購入&定期購読【最大45%おトク!!】
0000000
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
広告なしのブログ作るなら【JUGEM PLUS
0000000
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

0000000