うちのにっきちょう

何処へ行く?


<<<<<<<<<<<< うちのにっきちょう >>>>>>>>>>>>
ようこそわーい(嬉しい顔)
・・・
あなたにとって、なにか閃く処があれば幸いです

000000000
2028年09月16日

<金山彦大神と葵大神>1

<金山彦大神と葵大神>1

うちの宅には2つの石がある
金山の神と葵(あおい)の神である

金山の神はかつて旧宅の階段の裏に置かれていた
漬物石だろうと思われる

何時ごろからは定かではないが
階段の上り下りの際に誰もが足がもたついたり
すくわれる様な違和感を覚える

その頃にはすでに葵の神が宿るとされる石が
祭られているがこれは母方の叔母の指示で
母がとある河原で拾い得たものだという

葵の神は叔母宅が経営していた鉄鋼係会社と
関係が在るらしく伏見稲荷は長者社御剣神の
眷属であるとする

石の不思議には思い当たる処があることから
階段裏に無造作に置かれていた石を取り除くと
その踏み外しそうになる違和感は不思議と無くなった

粗末に出来ないとこれを葵の神と並び祭る
ようになった。

金山の神は階段裏の漬物石に宿ったのか
宿っていたものを入手したのか不明だが祭り
伺(うかが)うと あるとき「金山だ」と答えた

金山とは美濃国一ノ宮の南宮大社の祭神である
金山彦神なのか?

そもそもうちは月イチで南宮大社に詣でる習慣がある
ゆえに金山の名が閃くやも知れぬとの思いもあったが

幼少からそれまで南宮大社が金物の神であること
美濃の国の一宮であること程度の認識しかなく
祭神と問われても「南宮さん?でしょ」である

しかしうちは学生の頃に原付バイクで事故に遭遇し
大怪我で九死に一生を得る

大破したバイクに付けていた南宮大社の守り札入りの
キーホルダーが痛々しい程にひび割れお札が中から
飛び出しそうになっていたのが印象的で

我に帰ると激痛が走り動けないことに気付き
急に寒くなって眠くなった覚えがある

この時「金山さんが身代わりになってくれたね」と
誰かが語ったのを聞いて南宮大社祭神が
金山彦大神であることを知る

あれ?うちの石も金山って言ってたな・・
あれ空耳じゃ無いかも

後にうちの家系を知りたくて5代前の所在を
尋ねたことがあった
一頃家系を辿るのが流行ったのだ

4代前の当主は養子で5代前の住居を引き払い
詳細は不明だったが何故か5代前の隣の住人が
住居の遺構を説明してくれる

隣人は開口一言
「やっと名乗りを上げなさったか」である

ありし仏壇が置かれた場所の土を袋につめて
渡してくれたがこちらはこの状況が理解出来ていない
正直言ってそこまでは・・が本音だ

隣人は自らが説明しようとする話しをこちらが
ある程度把握していると思っておられるのか
詳しくは語らずとんとチンプンカンプンで

別れ際に屋敷跡の裏山にある祠(ほこら)へ参ろうと
言いだしたが都合であきらめる事となった
その時は聞き流していたその祭神は金山と言っていた

後日隣人はうちの5代以前を遡る住民票や祖父との
交流を物語る資料を送ってくれたが隣人が其処まで
面倒を見る理由はわからないし

なんで
あんたがうち家の住民票やら持ってんの?て感じ

ちなみにその地は美濃の国ではない
帰宅して5代前の先祖が金山と何らかの関わりが
あったらしい事が気にならない訳が無い

ここに金山と語る石の縁(えにし)は
決して信心深い訳でもないうちでさえ等閑(なおざり)
にできないのだ。

つづく・・・
posted at 14:02
カテゴリー:うちの話し
エントリー:<金山彦大神と葵大神>1
2028年11月18日

金山彦大神と葵大神2

金山彦大神と葵大神2

ここに金山と語る石の縁(えにし)は
決して信心深い訳でもないうちでさえ等閑(なおざり)
にできないのだ。ところが・・・

おや? これまでの普遍的お話の展開から
なにやら日本の神々のお話に?・・・
否、理解の上で関係が無くもないと?

折しも 美濃国一ノ宮の南宮大社は
式年遷宮という事らしく(何か早くね?)

らしく? (^^)そうです、
毎月かれこれ 4,50、年ほど
参拝に伺いながらそんなもんでしてね

4,50、年も経って昨今どうやら、
うちに鎮座する金山と南宮さんは異なる様な気が
しまして(呑気な話でしょ)マジかあ

まあ、その異なる根拠を問われても
長文となるので此処では記しませんが悪しからず

しかし思えばこれまで
私的で大それた願い事など唱(とな)えた事は
無かったと思いますけどね

無論、自分や親類縁者の安寧くらいは
日々の挨拶で申し添えますが

実は先達て
玉置神社という所の石を拝しに行ってきました
石の縁というか石つながりですか?

玉置神社を知ったのは
出かける1週間程前でしたが、それなりの
うちの拙いインスピレーションて奴です(^^)

その翌日、大阪で地震があってうちの思いと
裏腹の結果かがなんともトホホと言うか

「遥々美濃の国から紀伊半島まで行ったのに。。」

ま、大難が小難、小難が無難と、言うことで
幸い大した被害は聞か無いので、やれやれですが

あ、否、ドヤ顔というか、うちが何やら
上から目線で天変地異を憂いて立ち回り
かくあるべきだと話してるのではないお(^^;

いやはやこの様な石と縁がある事の運命というか
ライフワークなのかなあと他人事のように
考えるうちでして

最近思う様になったのですが
いわゆる古社とされる神社のご神体などは
岩や巨石だったりしますよね

設(しつら)えや形式はこれらに
敬意をはらう表現でしょ

古来より人間は生まれて成長し、生命によって
活動してきた、否、活動しなければ死んでしまい
自分は終焉(しゅうえん)すると思ってきた

活動=生命維持=自分の存在

無から誕生し成長してこれを維持すれば
永遠に継続する自分を思い描いた

ところが自分が誕生して以来、覚えた事や、
状況判断のおりに、干渉するイメージが存在し

イメージを受け入れて行動すると
結果を伴う事がわかってきた

肉体を伴わない意思が存在するかもと

そこで人は命と魂(たましい)は別もの
ではないかと考える様になったんでしょか

つまり命ではなく魂の部分が
自分という命に於いて培った世界を
担保しているのかなと

命は千変万化する現象に外ならず
魂がこれを発現させているとすれば

自分の元になっている魂とは
いかなるものかってことだよね

古来より人はこの魂の部分に
敬意と畏怖を抱いてきたのは
言うまでもない

うち的には
魂が意思を伝える為に
命のプロセスを採らなくとも
表現できるのではないかと思う訳で

実にこれは、
かつてジョージ・アダムスキーと言う哲学者
(UFOで有名)が提唱した「意識」

あるいは
ロズウェルに墜落したUFOの生き残りの
ドールボディの様に

コントロール出来る魂の領域が
あることを示しているかも知れません

つづく・・・


posted at 00:00
カテゴリー:うちの話し
エントリー:金山彦大神と葵大神2
2029年01月03日

金山彦大神と葵大神3(新年



金山彦大神と葵大神3

もうこれは、人間(地球人日本人)という生命に
入った魂(たましい)である、うちの
性(さが)でしょうか

あ、うちだけではない、あなたも地球人でしょ
何も特別なことを語ってる訳ではないお

うちが発想を展開したエネルギー発生装置の下りは
開発すればメカニカルな金属工業品で

美濃国一ノ宮の南宮大社の祭神である
金山彦神はカグヅチの流れを辿れば
金属を司(つかさ)どるとされ

このフォーメーションからの
イメージ展開だったのかな?

実は、うち宅に鎮座するもう一神の
葵(あおい)神は、京都伏見稲荷の長者社は
御剣(みつるぎ)大神の眷属(けんぞく)。

長者社で日本刀「小狐丸」を鍛(きた)えた話が
あるので、金山神も葵神も金属系てことかいな?

ところで、長者社には祠の後方に剣石てのが在り
神蹟(しんせき)とされて雷石とも呼ばれ
異形の僧が雷を石に縛り付けたと伝わる

剣石と雷石は各々在ると言う話もある

長者社の祭神は加茂玉依り姫
伏見稲荷の中に在って狐ではない狛犬が
配され、この狛犬は児(子犬)を抱いている。

加茂玉依り姫とは賀茂神社(下賀茂)祭神の
賀茂建角身命(たけつぬみのみこと)の娘である

加茂玉依り姫には処女懐妊の不思議があり
これを成長した御子(息子)に尋ねると自分は
神の子だと返答し雷鳴を伴って天へ上ってしまう

離別を悲しんだ玉依り姫はある時、夢の中で
御子が葵の葉で冠(かんむり)を作って祭れば
会うと告げられる。

そこで、その設(しつら)えで祭ると
神山(こうやま)にて再会
天武天皇6年(678年)、賀茂別雷大神が降臨したという

京都葵祭はこれに由来するとされるのだ。

ところで
長者社の雷石(剣石)に雷を縛り付けた異形の僧とは
賀茂の県主部(あがたぬしべ)は役小角(えんのおづの)
が思いつくがどうだろう

鬼と雷は共に角(つの)があり
賀茂建角身命(下賀茂)は角身とあり
加茂別雷大神(上賀茂)は雷とあるでしょ?

でも、異形の僧の 異形てどの程度?
角があるかはわかんないよね、

かつて稲荷山に住した
竜頭太(リュウトウタ)のことかな
竜頭、つまり竜みたいな顔した大柄の人らしいが

・・・ほんまに人かいな?
竜頭太に関しては後述します、
これ、なかなか意味深なんで・・

ともかくも
加茂別雷(カモワケイカズチ)大神
(上賀茂神社・山城国一宮)は神山(こうやま)に
降臨された加茂玉依り姫の御子

下鴨神社の御祭神「玉依媛命」が、
上賀茂神社の御祭神「賀茂別雷命」の母てことで。

なるほど。。
んで、葵(あおい)の神て、誰?


=^^=


posted at 00:00
カテゴリー:うちの話し
エントリー:金山彦大神と葵大神3(新年

” うちのにっきちょう ”へご訪問下さりありがとうございますわーい(嬉しい顔)
本文でも触れてます様に体調不良ですが何とか
ガンバッテますぅ。よろしくっ 喫茶店 うち

0000000
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『週刊ダイヤモンド』最新号購入&定期購読【最大45%おトク!!】
0000000
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
広告なしのブログ作るなら【JUGEM PLUS
0000000
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

0000000