うちのにっきちょう

何処へ行く?


<<<<<<<<<<<< うちのにっきちょう >>>>>>>>>>>>
ようこそわーい(嬉しい顔)
・・・
あなたにとって、なにか閃く処があれば幸いです

000000000
2017年12月30日

尺 度  (ブレイクα

尺 度   (ブレイクα


時間は尺度だ
尺度は任意に決めることが出来る
そして其処に計る実態が在ること証明している

意識は尺度だ
尺度は任意に決めることが出来る
そして其処に推し量る実態が在ることを証明している

諸々の事象を認識(意識する)する私は
情報収集と分析によって目前の関心事を
理解しようとする

否、基本、認識したものは とりあえず分析し納得する
本能的習慣になっているのかもしれない

その事が可能である形態(生命)を 維持する為の
行動は 一々確認は取らない

人間にとって命(いのち)を継続することは
実に其処にある様に思うのだが、どうだろう

少なくとも、この時代(世代)までに至って
"命慣れ" したと謂うか、俯瞰した視点を
培った捉え方が命に頓着する生物としての立場から

一歩踏み出た世界を見つけたい

その衝動を自らの中に見つけたのだ

痛い事や辛い事は回避すれば良いではないか
しかし、命継続に反することの警告をも無視して
達成したい事があるのだ

無論、親が子を育てる過程での自己犠牲も
生命継続の一環だろうが

其れを持って達成する事ではないだろう
子孫繁栄は、とりあえず可能性の継承に
納得しているにすぎない

これが過度になると民族として排他的になって
元も子も無くなるが、ここで我々が保守したいものが
本来の目的と異なっており、

歴史は是を繰り返している

一歩踏み出た世界を見つけたい
と謂う衝動を忘れては いけない

その衝動の理解の裾野から垣間見られる光景は
決して排他的ではないだろうが

勘違いしては成らないのは
全てに共通する表現を理解できた、或いは
理解するであろう資質と謂うものは 尊重されねば

折角、ここに至った命が試みようとする
努力を反故(ほご)にしかねない

その当事者は束縛の無い自由を求めるだろうし
与えるだろうから

当事者は何を持って自負できるだろうか
その尺度は

自由に展開する意識に他ならない

意識として捉える、或いは表現する現象
或いは、現象の背景、本質とでも表記しようか

我々が関与できるのは
精精、尺度として諸々に当てはめて観る事で
利用できる?程度だろうか

改めて申せば、瀕死の人に意識が在るか無いかを
問う処の意識という意味が飛躍したと捉えても
かまわないだろう

尺度としての表現として


 =^! ^=
posted at 15:42
Comment(0)
カテゴリー:ブレイクα
エントリー:尺 度  (ブレイクα
2027年05月22日

<素材を理解するべきだ> 1

<素材を理解するべきだ> 1 ブレイクα


なにも全てを知る必要が
在る訳ではないのだと思う

コンプリートをAIで分析するが如く
利便性にすぎないだろ?

重要なのは
幼少より自我に目覚めた事が全ての始まりだと
勘違いしている点だ

むろん、そこから漠然と生涯を過ごし子孫を残して
終焉(しゅうえん)する一般的生物に準(なぞら)えた
生き方で満足だと納得するならば

つまり、言わずもがなの理解するべき
世界が理解できずとも甘んじる事も有りかと
諦める訳だ

さもなくば、恐怖という解かりやすい生物的反応
によって、生命活動の延長維持を断ち切られる
ことの理解による無念と孤独が

活動の終りとなると、思っている

一般的生物とは異なるのだと、古(いにしえ)より
語られる事の根拠など、何処にも見出せないのが
普通かもしれない

特異な発見やも知れないその思考と言うか、
視点と謂うものは

決して複雑ではなく理解できないものでは
ないだろうと思うのだ、がどうだろう

なぜなら
基本的な事の理解なのだから

つまり、我々は森羅万象が、
世界が、対処的反応によって複雑な関係を
作り上げている事を目の当たりにしている為

その理解が欠かせないと思っているから

それはその理解のほんの一部でも利用することで
生活が楽になることを経験上知り得ているからだ

だから
その複雑系の延長上を辿(たど)れば
納得が出来るだろうと考える、否、思っている


( ^^ /   ・・・ つづく ・・・


posted at 00:00
カテゴリー:ブレイクα
エントリー:<素材を理解するべきだ> 1
2027年07月17日

<素材を理解するべきだ> 2 ブレイクα


<素材を理解するべきだ> 2 ブレイクα

例えば、積み木の複雑な積み方を研究する事で
成果に納得する事が目的ならば其れは
それで良いだろう

複雑さを創造できる森羅万象の理解は
我々をわくわくさせる与えられた特権
かもしれない

物事を掘り下げ取捨選択し其処に発見を見るという
アプローチには何か意味があるかも知れない

我々は現在、理解し得る全てが時間と謂う流れに
おいて可能となっている事をあらためて
認識してみる必要があるかも知れない

究極の過去は我々が認識出来る全ての
原点かも知れないが、

それは積み木の積み方の始まりであり
積み木そのものは用意されている
物理的理解の限界として

取捨選択のアプローチは
究極のコアに修練し

我々が先祖を辿れば、皆、身内という
生物の理解も

時の流れを尺度に採れば
積み木が一体、何なのかの
理解には及ばないだろう

しかし其処には「同じ」であるという理解が与えられる

「同じ」は同時であることを意味するが
時の流れの中に在っては全く同じ
であることは有り得ない

なのに、過去と未来の狭間に何かを認めたい
衝動があるのだ

プログラムの実行には始めと終わりと謂う時間を
要するが、目的と結果には時間の尺度を
必要としない

我々は、何とかしてこの狭間に
立ち位置を構築したいのかも知れないが
何故なのだ

否、既に在るその世界の住人となりたいのかも
知れない

生物の本能の修練する処とは
其処かな・・・

時空の外(そと)、時空では無い所の理解が
存在として人間の立場において求められている

というか、その欲求が貴方にも私にも
自らに在る以上、原点が其処に修練するか・・


つづく   =^^=


posted at 00:00
カテゴリー:ブレイクα
エントリー:<素材を理解するべきだ> 2 ブレイクα

” うちのにっきちょう ”へご訪問下さりありがとうございますわーい(嬉しい顔)
本文でも触れてます様に体調不良ですが何とか
ガンバッテますぅ。よろしくっ 喫茶店 うち

0000000
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『週刊ダイヤモンド』最新号購入&定期購読【最大45%おトク!!】
0000000
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
広告なしのブログ作るなら【JUGEM PLUS
0000000
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

0000000