うちのにっきちょう

何処へ行く?


<<<<<<<<<<<< うちのにっきちょう >>>>>>>>>>>>
ようこそわーい(嬉しい顔)
・・・
あなたにとって、なにか閃く処があれば幸いです

000000000
2035年04月06日

<「貴方が決めれば良いことだ」と皆に教えてあげよう>


<「貴方が決めれば良いことだ」と皆に教えてあげよう>

自らを確認する作業が、好ましくない事も嬉しい事も現実となる
物質世界のフィードバックを理解する為の設(しつら)えで展開して

いるので、自らの思考ルーチンを俯瞰する場所(ポジション)を
どの辺りに置くかがカギとなる。

問題は、このレベルの集合意識に於いて情報の共有化が進んだ昨今と
云うパラレル(現行の3次元)の住民は、片足を5次元に突っ込み住居は
3次元で津波に浚(さら)われそうだとアカシックに

書き込んでいるお粗末の是正を促す情報が必要だ。

20024年4月現在、未だ、その検証よろしく諸々の情報の比較で
特定できるらしいと、実(まこと)しやかに納得しネガティブへ流され
受け入れて集合意識を形成し様としている。

未曽有の災害があらゆる方向から特定できて、既に確定し疑いが無いと
している今の立ち位置は、その事を覆す試金石として遭遇している。

5次元と云うタイミングに間に合っているラッキーを貴方も
享受(きょうじゅ)しているのだから、絶体絶命崖っぷち四面楚歌
(しめんそか)と言えども、これをクリア出来るのである。

次元上昇と25年問題は、まるで実地試験の如く
表裏として提供されている。ところが此れは、既に解決する事に
なっているのである。

あまりにもこの取り合わせが出来すぎていて、シナリオバレバレの
高次元からのフェイクで、恐らく次元上昇成功の達成感を提供する
トリックを仕組んだ事によって、この時間軸に関わる

意識達(地球人の集合意識)は底抜けな高揚感を味わい、物質世界の
ポジティブなパラダイスに気付き、嘗て無かった昇華に
成功するのである。 

その様に虎視眈々(こしたんたん)と高次のエージェント達がパラレル
コントロールを施し、実に貴方が、鏡の向こうに居る存在そのもの
であるリアルを目の当たりにさせる粋な計らいなのだ。

このシンクロに参加しポジティブを引き寄せるには、何も清く正しく
美しい必要などない。それは、

今まさに、地球の次元展開は日本国の根本的思想とでも言うべき姿を
世界の人々が理解したがっていると採れるのは、たとえ其れが物見遊山
だとしても、最近の神社仏閣が多くの外国人でごった返している体が、

祝詞(のりと)、言霊の求心力と言えるし、そこには
「ハライタマエ キヨメタマエ」と奏上する言葉(日本語)に深淵かつ
壮大な現実を展開させる力が宿っていて、又、自らの抱えるトラウマ、

罪汚(つみけが)れが祓い清まる其れは、本来その様な汚れなど無い事を
確認する作業といえる。驚くことに重大な犯罪を経験したと言えども、
この祝詞を唱えてチャラに成るのである。

無論、そこにはそれ相当の改心が在っての事だが、量刑など無いのだ。
この改心とは本来の有様を理解する事に他ならない。つまりは、輪廻転生
して辿り着いた今生でその立ち位置を知らされるべく其処に居るのであり

起因する天災などの災いからも逃れる事となる。
詰まるところ、心がけ次第で5次元物理はおろか貴方の魂(たましい)を
次の次元へ覚醒させる閃きを得ることへ繋がるのである。

その経験として此処にパラレルシフトして居ると言える。日本人及び
その縁者の転生年齢(回数)経験値は相当のものが在ると思われる。

だから、災害などで日本国が認めるコミュニティの困窮を目の当たりに
する時は、出来る範囲で必ず手を差し伸べ、心よりの慰めと希望を伝えて、
その直面した困難が魂(たましい)由来のもので、

気付きが齎(もたら)されるきっかけであった事を知らせるとともに
其処までの理解に及んでいなければ促してあげる事が重要だ。

これは、いかなる困難も乗り越える世界最古の国家日本のステイタスが
証明しているのである。

ここに改めて、存在そのものの有様として3次元経験値からとらえた
哲学的道徳的くらしの模範や物理的欲求の正当性は必ずしも妥当ではない
事を知ら示す高次元展開の機会がセールスされている。

<^^> /


” うちのにっきちょう ”へご訪問下さりありがとうございますわーい(嬉しい顔)
本文でも触れてます様に体調不良ですが何とか
ガンバッテますぅ。よろしくっ 喫茶店 うち

0000000
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『週刊ダイヤモンド』最新号購入&定期購読【最大45%おトク!!】
0000000
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
広告なしのブログ作るなら【JUGEM PLUS
0000000
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

0000000